www.whiskito.com

自動車の損害保険には、皆様も既にご存知だと思うのですが等級という制度があるのです。略さずに言うとノンフリート等級別料率制度という名で、保険料に多大に影響を与えています。等級という制度は、自動車の損害保険加入者の公平な負担を担保することを主眼とするため、トラブルを発生させる危険性、車の損害保険を使われる可能性が大きければ高いほど保険の料金が値上げされます。その反対に事故を起こす恐れがほとんどなく、自動車の損害保険を利用するとはあまり考えられない利用者は、優秀な利用者であると認められ、月額の掛金が値下げされます。安全に自動車をりようする運転手の人が有利な仕組みとなっているので、トラブルを起こしやすい方にはデメリットのある制度だといえます。優良運転者と事故の確度が高い被保険者の掛金が同額だと割高な金額を払わされていると感じてしまう人が多数を占めるためサービス提供側からしても運営上のリスクを減少させるために必要な決まりだといえるでしょう。さて、等級という制度が詳細にはどんな枠組みなのか簡潔にご案内します。まず、等級というものには1等級から20等級まで設定され、等級が増加すると次第に掛金が割り引かれるシステムになっていることが重要です。次に1等級?3等級については割り引かれず、逆に保険料は値段が上がりアクシデントを起こしてしまい、自動車保険を適用してしまうと三等級下がり、より一層負担が増加した自動車保険を月々納めることになってしまいます。第三に、はじめて自動車損害保険に契約する際は六等級という位置からの開始になり、その時から自分の数字が減るのか高くなっていくのかは保険利用者次第です。ゆえに掛け金を安くしたい人は、事故を起こさないように安全な運転に努力するのがまずは最も大事です。

Link

Copyright © 1996 www.whiskito.com All Rights Reserved.